きんこんのシネマ放談

映画をこよなく愛するきんこんが鑑賞した映画をズラズラっと紹介していく映画ブログ

TENET テネット

f:id:shimatte60:20200921192613j:plain
ダークナイト」3部作や「インセプション」「インターステラー」など数々の話題作を送り出してきた鬼才クリストファー・ノーラン監督によるオリジナル脚本のアクションサスペンス超大作。「現在から未来に進む“時間のルール”から脱出する」というミッションを課せられた主人公が、第3次世界大戦に伴う人類滅亡の危機に立ち向かう姿を描く。主演は名優デンゼル・ワシントンの息子で、スパイク・リー監督がアカデミー脚色賞を受賞した「ブラック・クランズマン」で映画初主演を務めたジョン・デビッド・ワシントン。共演はロバート・パティンソンエリザベス・デビッキアーロン・テイラー=ジョンソンのほか、「ダンケルク」に続いてノーラン作品に参加となったケネス・ブラナー、そしてノーラン作品に欠かせないマイケル・ケインら。撮影のホイテ・バン・ホイテマ、美術のネイサン・クローリーなど、スタッフも過去にノーラン作品に参加してきた実力派が集い、音楽は「ブラックパンサー」でアカデミー賞を受賞したルドウィグ・ゴランソンがノーラン作品に初参加。
(映画.comより)

映画ファン待望のクリストファー・ノーラン監督の最新作。
ご多分に漏れず私も公開直後に見て参りました!
結論から言います。

「ストーリー全然理解出来なかった!でも見終わった後、すげぇ良いモン見た!」と満足感が非常に高い作品でした!

なんて言うと「えっ?ストーリー理解出来なかったのに楽しめたの?」と突っ込まれそうなんですが、いやコレマジなんですよ(笑)

元々この映画は兼ねてから楽しみにはしてたんですね。
でも実際に鑑賞する前にネットでのレビューを参考にしたところやはりストーリー理解出来ない云々の投稿は目にしてたんでそれ相応の覚悟はしてたんですよ。
「大丈夫かな?」とか「途中寝るんちゃうかな?」とかね。

でもね、その逆。
何とか話しについていってやろうとかより映画を見る集中力が高まるんですよ。
まぁ、それでも途中で遂にストーリーについていけず頭の中での整理に翻弄されるという結果に。
「俺の理解力が極端に低いのかな?」とか些か不安にもなったのですが、どうやら本作を見た多くの人が感じた様で僕もひと安心(笑)

ただ、それでも凄いのがこの映画でしてストーリーわからないなりにもめちゃくちゃ楽しめる!
それが映像的なクオリティ面ですね。
これは冒頭のオペラハウスでのテロシーンからラストに至るまで徹頭徹尾目が離せなく作られているんですよね。
いわゆるタイムループものではありますが、これまでのタイムループ映画に見られない逆再生による過去シーンですね。
CGの技術により、非常に面白く見せてくれてるし、そこに立つ主人公の男の戸惑い等の表しかたも印象的でしたね。
さて、主人公の男と表現しましたが、本作の主人公には特定の名前がないんですよね。
それどころか彼が一体何者であるのかそれすらも明らかにされないんですよね。
ただ彼がある人物と出会いタッグを組んであるミッションに取り組むというバディものであり『007』シリーズよろしくスーツ姿でのスパイアクション要素もあったりする。
この辺り『キングスマン』延期で落胆していた自分としては少し嬉しかったりもしましたね。
また、本作で鍵を握るある女性の存在。
彼女が一体何者であるのかは実際に見て頂くとしてある人物に接近した事により登場する彼女の動きも注目ポイントでしょうか。

それから手に汗握るアクション合戦は圧巻の一言。
コロナの影響もあって洋画の公開が大幅に減っている状況にあってハリウッドの本格アクションを久しぶりに見れた事でよくぞ公開してくれた!と心の中で歓喜の声を挙げていたそんな私でした。

で、この映画って見た後に色々意見交換をしたくなる作りなんですよね。
難解な内容なので同行した人と答え合わせをするなんて楽しみ方もありかなんて思います。
なんてかなりハードル上げたかもしれませんので、再度お伝えします。
確かにストーリーは一度見ただけでは難解ではあります。
しかし、圧倒のスケールで展開されるアクションやダイナミックな映像表現は映画館で見てこそ!
それを見るだけでも十分価値はあります!
是非劇場でご覧下さい!