きんこんのブービームービー

映画をこよなく愛するきんこんが鑑賞した映画をズラズラっと紹介していく映画ブログ

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwith レジェンドライダー

f:id:shimatte60:20171220161548j:plain

仮面ライダー」シリーズ作品がクロスオーバーする「MOVIE大戦」シリーズの流れを汲む、平成ライダーが共闘する劇場版「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」の第2弾。2017年9月から放送を開始した「仮面ライダービルド」と、その前作として17年8月まで放送された「仮面ライダーエグゼイド」を中心に、「仮面ライダーオーズ」「仮面ライダーフォーゼ」「仮面ライダー鎧武」「仮面ライダーゴースト」という平成シリーズ6作品からライダーが集結する。スカイウォールという巨大な壁で3つに分断された仮面ライダービルドの世界に、エグゼイドの敵であるバグスターが出現。正体不明の敵に対し、仮面ライダービルド=桐生戦兎は為す術がない。一方、エグゼイドの世界でも同じ現象が発生し、スカイウォールのある世界が地上へと迫っていた。
映画・com より


昨年TOHOシネマズでゲットしたフリーパスを手に普段鑑賞しない映画を見ようと興味本位で鑑賞した『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ』。
パックマンとのコラボも斬新ですっかり虜になってしまったこのワタクシ。
今年も大きなお友達と化して見て参りました!『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FINAL  ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』です。

思えば去年、仮面ライダーを見てきたと友人に話したところ、「え~、子供ばっかりやろ~?」なんて呆れられたものですが、例えば「アベンジャーズを見てきた」とか「ジャスティスリーグを見てきた」と話した場合、同じ反応をしますか?
強いヒーローが集まり敵と戦うアクション映画という視点で見た場合、つくり自体は同じですからね。何ら恥ずかしい事はありません。
現に僕以外にも大きなお友達の姿はちらほらと散見出来ました(笑)

それにしてもライダーがズラッと勢揃いするシーンは圧巻ですね!
まさに豪華絢爛、横並びでバイクに乗ってるシーン等見所満載ですよ!

今作には6人のライダーが登場するのですが、注目はやはり福士蒼汰演じるフォーゼではないでしょうか?
今やすっかり売れっ子の福士くんですが、まるで自分の実家に帰ったかの様にいきいきとした演技をしていました。
髪型もキメッキメでしたね(笑)

また、そんな福士フォーゼの母校で教師を勤めるアンガールズ田中さんも良い味だしてましたね。
基本コメディ要員としての配役なのですが、学校が襲撃された際には身を呈して生徒を守ろうとする男らしい一面を見せたり。
バラエティの田中さんしか知らない人なら見直しちゃいそうです。(役とはいえね・笑)

そして今回悪役を演じたのはあの大槻ケンジさん。
筋肉少女帯のボーカリストであり、独特なキャラクターで人気を博したあのオーケンさんです!
そのオーケンさんの顔立ちとメイクは悪役にピッタリ!
日本のアクション映画はこれまで何でこんな素晴らしいキャストを逃してきたのか不思議でならない程のはまりっぷりでした!

さて、仮面ライダーと言えばウルトラマンと並ぶ国民的ヒーローなのですが、こんな事を思った事はありませんか?

彼らは何で戦うのだろう?

と。
特に目に見える形で人から評価されるでもない、怪人を倒す事でギャラが発生するなど物質的金銭的な見返りがあるわけでもない。なのに何で自分の時間を犠牲にし時には命をも賭して戦うのか?

そんな答えがこの作品には詰まっています。
それは各ライダーそれぞれに答えがあります。
しかし総じて言えばそこに敵がいるからであり困っているからでありそして何より仮面ライダーとしての使命だからなのです!

そんな深いテーマが盛り込まれており、大人もうなる様な内容でした!

更にエンドロールも印象的でして、歴代ライダー達の主題歌がメドレーで流れます。
こういうのは好きな人にとってはたまらないでしょうね~。
最後の最後までファンサービスに徹した作品作りも好印象でした。

それにしても「FINAL 」と銘打ってるという事は来年からはどんな展開になるのでしょうか?
今回の福士蒼汰くんの様に佐藤健くんとか菅田くんを起用したら更に注目度高まるかもしれませんよ、東映さん?