きんこんのブービームービー

映画をこよなく愛するきんこんが鑑賞した映画をズラズラっと紹介していく映画ブログ

ジャスティスリーグ

f:id:shimatte60:20171201211640j:plain

バットマンワンダーウーマンなど、DCコミックのスーパーヒーローが結集して戦うアクション超大作。「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で描かれた、自らの命を賭して地球の危機を救ったスーパーマンの行動によって、人類への信頼を取り戻したバットマンが、迫りくる強大な敵に立ち向かうため、ワンダーウーマンとともに新たな仲間を探していく。そうして集まったのは、バットマンワンダーウーマンに加え、アクアマン、サイボーグ、フラッシュという、いずれも一筋縄ではいかない個性の強い超人たち。バットマンは彼らをまとめあげ、地球崩壊の危機に立ち向かわなければならないが……。出演は、バットマンブルース・ウェインを演じるベン・アフレックのほか、単独映画「ワンダーウーマン」が大ヒットしたワンダーウーマン=ダイアナ・プリンス役のガル・ギャドットら。
映画・com より


DCEU版アベンジャーズともいうべき『ジャスティスリーグ』。遅まきながら見て参りました!
実は本作を見るにあたっていささか不安がありまして…。
というのもワタクシ、バットマンが登場する映画と何かと相性が良くないんですよね。
更に言えば近年のバットマン映画ですかね。
ダークナイト』シリーズにしろ『バットマンVSスーパーマン』にしろあのダークで重い作風が苦手でして今作にもややそれがハードルになっていた部分があります。
そもそもバットマンていつからあんな暗い作風になったんですかね、昔はもっと明るかったハズなんですが。


そんな私の不安を吹き飛ばすかの様に蓋を開けてみたら何ともポップに仕上がっており、ひたすら作品に没頭する事が出来ました。

ただ、この作品なんですが、これという粗もなければ特筆すべき鑑賞ポイントもない。
だからといって残念な映画というのではなく、むしろかなり面白かったです!

結論としてはストーリーがシンプルでわかりやすい。
そして余計な脚色などもされていない。
これほどまでに端的にシンプル・イズ・ベストという言葉が合致する作品もないのではないかと感じた次第です。

まず、ざっくり言ってしまえばスーパーマンが死んでしまってからの世界が舞台。
スーパーマンの死については『バットマンVS スーパーマン ジャスティスの誕生』に明るいのでここでは割愛しますが、要はこれまでスーパーマンによって保たれていた秩序が崩壊し、悪の手がはびこりそして立ち上がったのがバットマンジャスティスリーグだったというわけです。

バットマンが集めていった超人達というのはどれも個性派揃いで来年公開が決定しているアクアマンをはじめ今後単独作も作られていくのでしょうが、中でも印象的なのはフラッシュ。
彼は一見ぱっとしないコミュ障なオタク青年なんです。
戦闘においては特に戦力になるのではなく、むしろ非力なキャラなのですが、バットマンワンダーウーマンらが持ち前のアクションで格闘を繰り広げる中、瞬間移動という特殊能力で捕らわれた人々を助けるというスキルを見せます。
他メンバーとどこかぎこちなく接しますが、なかなかユーモラスで見所あるキャラクターでした。
そんなフラッシュをスカウトするのがバットマンことブルース・ウェイン
キングスマン』や『スパイダーマン ホームカミング』に共通する様な非力な青年の育成要素として特徴的な場面でもありました。

ワンダーウーマンの活躍は相変わらず見事でした!
今年8月に公開された『ワンダーウーマン』によって世の男性達のハートを鷲掴みにしたワンダーウーマンことダイアナ。
単独作での活躍がまだまだ記憶に新しい中で公開された本作。
う~ん、実にタイミングが良い!
ワンダーウーマン』で虜になってしまったワタクシも実はこのワンダーウーマンの登場を楽しみに本作鑑賞へのモチベーションを高めていたものです!
ワンダーウーマン』では強くて美しいだけどちょっぴり天然系という萌えヒロイン要素たっぷりだった彼女も本作ではかなりキレモノのデキる女。
そして一癖も二癖もあるジャスティスリーグメンバーをまとめるお姉さんの様なはたまたお母さんの様な存在として楽しませてもらいました!

そして後半には何とあの人が登場します!

最強で個性的なメンバーで固められたジャスティスリーグなのですが、とにかく歯が立たない敵。
そして助っ人として呼び寄せられたのがあの人なのですが。

そしてあの人はとにかく強い!
前半のジャスティスリーグメンバーの奮闘ぶりは何だったんだ?というほどあの人は無双です。

そう、最終的にこの映画はあの人の強さを再証明する為、ジャスティスリーグメンバー達はあの人を呼び起こす為の最強の前座だったのではないか?

そしてあの人を加え、新たな展開を広げるためのいわば壮大なエピローグだったのだ~と。

そしてそんな期待を抱かせながら次作へ持ち込んでいくDCEU の見せるエンタメ性にただただ感嘆し鑑賞を終えたワタクシなのでした。

ちなみに本作は元々180分くらいの上映時間だったものを編集して120分にまとめたとの事ですが、賢明だと思います。
コンパクトにまとめられテンポも良く飽きさせない作りとなっていたので最後まで実に気分良く鑑賞する事が出来ました。

いよいよ本格化する正月商戦を前に『ジャスティスリーグ』の鑑賞はオススメですよ!