きんこんのブービームービー

映画をこよなく愛するきんこんが鑑賞した映画をズラズラっと紹介していく映画ブログ

亜人

f:id:shimatte60:20171003144453j:plain

それにしても『東京喰種』だとか『亜人』だとかこういうの多すぎ!
デスノート』辺りからでしょうかね、アクション系人気漫画の実写化って。
20世紀少年』の大ヒットで更にそのジャンルが量産されて2015年の『進撃の巨人』辺りでひと段落ついた様な感じですが、とはいえやはり作りやすいからなのか知名度もあって興行的成功も見込めるからか知りませんが相変わらず日本の映画界では量産されている分野ではあります。
最新の興行ランキングでも1位と好発進となった『亜人』。
果たしてどんな作品なのでしょうか。

亜人とは見た目は人間と同じですが、彼らは死ぬと即座に蘇るという特殊な能力を持ちます。
本作の主人公である研修医の永井圭(佐藤健)はある日交通事故に遭遇した事により自らが亜人である事を知ります。その日以来政府に捕らわれ人体実験を受ける事になります。しかし、そこに現れたのは同じく亜人の佐藤(綾野剛)。佐藤の救出により脱出を図る永井だったが。


私自身実は『亜人』の原作は未読です。なので公開前にひと通り『亜人』とはどんな作品かと毎度ながらの付け焼き刃で予習はしておきました。
ただ気になったのが本作の監督。
本広克行監督には過去何度か痛い目に遭わされましたからね、回を重ねる度に劣化していった『踊る大捜査線』シリーズはもとより柴咲コウ黒歴史・『少林少女』とか長澤まさみが大火傷を負わされた『曲がれ!スプーン』とかその一方ももクロちゃんの魅力を最大限に引き出してくれた『幕が上がる』という名作もあります。当たり外れの振り幅で言えば三池崇史と並ぶ二大巨匠と思っております。
果たして今回は吉と出るか凶と出るか?その結果や如何に?


アクションめっちゃ頑張ってるや~ん!!

正直はじめは不安だったんですよ。
このテのアクション系だと『進撃』や『テラフォーマーズ』で痛い目にあってますからね、ダメな方の本広作品の数々も脳裏によぎりましたし。
ところが意外と悪くなかったんですよ。
日本映画としてはかなりアクションに力入ってますからね。
綾野剛もキレッキレだったし、佐藤健も『るろうに剣心』さながらの見事なアクション…と思ったら本作のアクションは『るろ剣』のアクションコーディネーターが担当してるんですね。
ジョジョ』のスタンドを彷彿とさせる分身も登場してバトルを展開します。
これはIBMと言う名称で亜人のみが出す事の出来る特殊能力との事。
そちらのCGにも力が入っておりました。
とこの様に日本のアクション映画としてはかなり良く出来た作品だと思います。
感動系ばかりで刺激が足りないという日本映画好きにはオススメな映画ではないでしょうか?



その一方、心ゆくまでの満足感を得られたかと言うとそれはまた別の話し。
以下ツッコミさせて頂きます。

まず本作で感じたのがやたら説明が足りないせいで原作知らない人にとっては不親切でした。
まず、前述のIBMについて。
スタンドプレイそのものは悪くなかったですよ。
ただ、説明なくいきなり限りなくスタンドっぽいものが出てきたせいで一瞬何が起こってるのかと「?」マークが三回くらい頭の中で回ってましたよ。
後半になれば当たり前の様に頻出するので次第に慣れてはいくのですが、IBM という名称は一切登場しないですし、そもそもIBM という単語も自分で調べて判明したという有り様ですよ。原作知らない人だっているんですよ。もっとその点の配慮があれば良かったのですが。

後、人体実験で人間に虐げられてたハズの永井が何故人間側につくのかの心理的描写が希薄です。佐藤が人間を憎み、テロ行為に及ぶ同情するには余りある動機等はかなり詳細に描かれていたのとは対照的でしたね。

『君の膵臓をたべたい』の桜良役で注目された浜辺美波ちゃんも出てましたね~。
病人の役ばっかやらすなよ~なんて心の声はさておき、永井の妹役も良かったです!
ただ、後半以降めっきり登場しなくなるんですよね。
「美波ちゃんを出せ~!」なんて言うつもりはないですが、本作において重要なキャラクターでもあるんだし、ラストに兄・永井とのエピソードを挿入する必要もあったのでは?なんて思います。(あったらあったで何かしら言うかもしらんけど)

後、飛行機で厚生労働省のビルに特攻するというシーン。
不謹慎承知で言えば迫力は凄かったし、監督の挑戦が伺えました。スクリーン映えする様なシーンだったと思います。
しかし、どうしてもあのテロ事件を想起させる様でしたが、そこは大丈夫なんですかね?


総じて言えば話しの内容自体はファミレスのドリンクバーくらい薄いです。
しかし、それを補う以上のアクションシーンは近年の邦画史上においても屈指の出来だったと思います。
アトラクション感覚で楽しんだもん勝ちな映画となってますよ。

それにしても綾野剛めっちゃいい体してる(笑)

f:id:shimatte60:20171003183015j:plain